節約 投資

節約のための家計の見直しは固定費から!

節約と聞くと、すごく頑張らないといけないイメージがありますが、賢く節約する方法があります。

 

それは固定費を削減する、と言う方法です。

 

つまり、毎月必ず出て行く出費ってありますよね?家賃とか、光熱費とか。

 

光熱費となると、日々の節電など面倒で大変なイメージが大きいですし、家賃を安くしようと思ったら引っ越さないといけないので、これもまた大変です。

 

じゃあどうしたらいいの?となると、狙い目は以下。

 

・通信費:インターネット、携帯電話

 

・保険

 

 

どちらも一度見なおして毎月の出費が減ればあとは何もしなくても節約になります。

 

特に家族が多いほど有効です。

インターネットの出費の節約ならau スマートバリュー!

最近は動画のダウンロードやストリーム配信なんかもあって、やっぱり家のインターネットは高速がいい。

 

でも安くしたい。そんなわがままな方でも安くなるのはauです。

 

auは、固定インターネットとケータイと同じ事業者なので可能になるセット割引があります。
(NTTは固定通信とケータイのドコモは、同じNTTグループでも一応別会社なので)

 

ぜひ一度、検討してみましょう。

インターネット接続費の節約事例

実際にこんな方もいました。なるほどです。

 

インタネット接続費の節約方法です。インタ―ネット接続には、NTT+プロバイダです。NTTの部分は、フレッツ光で接続していますが、プロバイダを約1年毎に変更しています。これは、プロバイダ乗り換えキャンペーンを利用するためです。乗り換えでは、ほとんどのプロバイダが、2か月分は無料になります。こうすることにより、年間の通信費を抑えるようにしています。メールアドレスは、Yahoo!メールを利用していますので、プロバイダが変更になっても何も影響はありません。

 

ルータの設定やパソコンのインターネット接続を自分で行える人には、向いている節約術です。最近の通信機器は、昔と違い設定が格段に簡単になっていますので、それほど難しいことではありません。説明書をしっかり読めば大丈夫です。また、ネットに情報が多く掲載されています。

お金のコラム 〜思ったより過酷だった転勤生活〜

4人家族の家計を預かる主婦ですが、主人が地方にある本社への転勤を機に、首都圏手当てがなくなり、豪雪地域で冬期にかかる費用が増加した為、お金の使い方が更にシビアになりました。また、住宅ローンを抱えながらこちらでの家賃の負担もあります。なので、携帯使用料節約や新聞を止めたり、公立幼稚園に編入、お弁当持参など節約出来るものは検討し実行しております。しかし、保険の節約をしようと思ったところ、主人が病気が発覚し、恐らくすぐには見直しできない状況になりました。生活費は、食費もなるべく安く手に入るようにあちこち回るということももちろんしております。自由に使えるお金は正直に言ってほぼないです。生活で精一杯です。私が少しでも働ければよいのですが、頼れる人も居ない初めての土地、休日出勤出張、残業が多く時間が読めない主人の仕事。見知らぬ土地に慣れるまで1年かかりました。決まった時間に出勤するパートに出ることも難しく、厳しいです。お金をかけずに、お弁当を持って近場の観光地に日帰りで訪ねたり、子供にはこの土地で少しでも楽しい思い出を作ってあげようと思っています。期間限定であと2年ほどの転勤なので、焦らず何とか今を乗り切り、戻ってからはパートに出て、少しでも家計の足しや貯金になればと思っています。将来の為、現在は金融系の資格試験に向けて勉強中です。悩みましたが、今は節約しながら、家で家族が安心できるよう環境を整える役目に徹しようと考えています。

 

単純に収入を増やすのが一番の解決方法ですが、今あるものでどうにか工夫して生活しようと思います。後は、在宅で出来る仕事をまめに探し、不定期でも収入を得られればと考えています。家計簿をつけましたが、これは向き不向きがあるようで、あまりに細かくつけていたら毎日イライラしていました。買い物に行くのが罪悪感で、暗くなってしまいました。経験上、保険や光熱費などの引き落しなどはしっかり把握し、あとはあまり細かく家計簿をつけないほうが精神衛生上いいです。私の場合家計簿を、簡単につけた時と細かくつけた時を比べてもあまり支出が変わらないことがわかりました。今心配なのは、消費税が上がることです。恐らく、賃金はさほど上がるとも思えず、アメリカも不安を抱えている今、今後の景気もどうなるかわからない中、消費税が上がってしまうのはかなり不安です。本当に私たちに還元されるのでしょうか。きちんとした税金の使い道を国民に示してほしいと思います。議員の先生方に、地道な庶民の生活が本当に見えているのかいささか疑問であります。

貧乏専業主婦の家計やりくり。

私は専業主婦のため、旦那の給料だけで今の所生活しています。
そして、旦那の収入は平均よりもはるかに少なくて、生活保護を受けている訳でも、
市営住宅で暮らしている訳でもないので、
二人が自由に使えるお金はあるかないか分からない位わずかなものです。
そして、まだ幼い娘が一人いるため、
私は保育園にも満員でなかなか入れなくて、
働きに出ることも出来ません。
それでもストレスは溜まります。
独身時代からのストレス発散方法はお金を使って、
プチ贅沢をすることでした。
今は、子供も旦那もいるため、
独身の時ほど・・・という訳にはいきませんが、
たまにプチ贅沢をしています。
そういう事は、ケーキだったら旦那の分も買って来たりしますが、
内緒で使ってしまう事もあります。
そういう時、自分自身にまた節約しようと

言い聞かせています。

 

家計簿はつけていません。
だから、正直どんぶり勘定ですが、
1日の食費は決めています。
あと外食は旦那が仕事がお休みの昼食に
出来そうな時だけ。
と決めています。

 

あとは、貯蓄は最初から取る。
と聞いたことがあったため、
収入から2%位先取りするようにしています。

 

今は私も働いていないため、
貯まらない時は仕方ないと諦めています。

 

それよりも、
今の旦那と子供との生活を失わないように、
皆がストレスを貯め過ぎないように心がけています。
お金が貯まっても、今の幸せな結婚生活がなくなってしまったら、
元も子もないですから。
ですが、
お金を使い過ぎたなぁ。
贅沢したなぁという時は、
自炊をなるべく頑張ったり、
外食を減らして自炊したり、
自分の洋服や買いたいものを我慢したりします。

 

 

 

悩みは、やはり上記にも書きましたが、
主人の収入が少ない事です。
どうにか増やせたら・・・とは思いますが、
私が働いた所で、幼い子供がいるため保育料などを
差し引くと、家計で使えるお金は限られて来ます。
とにかくわずかでも家計を助けるために、
早めに、働き出して収入を増やす事が大切です。

 

あとは、今私は働いていないので、
なるべく自分の為に使う必要のない浪費のお金は
減らすようにしたらいいと思います。

 

お金を使って学んだこと

お金の使い方について、16歳で仕事を始めてから、それはずっと考えていたことでした。
初めて頂いたお給料、それは手取り5万の、販売員。といっても、通信販売が主な、焼き菓子店の店番兼お手伝い。内容は非常に簡単なもので、「こんな仕事でお金をもらってもいいのだろうか?」と、まだ社会を知らない私はそんな心配事さえしていました。
のんびり屋の私がお金を使うことなんて、せいぜい二、三か月に一回出るマンガ本を買うことか、気に入った洋服を一着買い足す程度。その頃貯金は貯まりに貯まって、あっという間に50万ほど貯金できました。
さて、私が高校を卒業してから、ここからが本当に、お金について悩む時でした。
同僚たちは、互いをけん制する意味合いも込めて、お金を使います、使います。給料日の次の日には、やれどこのブランドだ、どこどこへ旅行に行った、今度は何々を狙ってるなど、本当に生活できるの?というくらいお金を使われる先輩方を見て、私はおののくばかりでした。
そして貯まった貯金は140万。これは仕事を辞めるまで、本当に使うことのなかったお金でした。
私はお金を使いたい、でも何が良い物なのか分からない、このままでは何もせずに若い頃が終わってしまう、と焦っていました。
そんなとき、父に「車を買い換えたらどうか?」と聞かれました。
私はあまり乗り気ではなかったのですが、ともかく現物を、ということで、車を見に行きました。

 

初めて見る新車は、とても女の子らしいデザインで、私がそれまで乗っていた旧車とはまるで違うものでした。そこで手渡した40万。
「買い物した!」
現金で手渡したため、本当に実感のある、実にリアルな買い物でした。手からお金が離れた途端、私がそれまで持っていた「運の良さ」みたいなものも、一部剥がれていったような気がしました。
それから、私は何が良いか分からないまでも、とにかく新商品が出れば買い、車に乗ってよく出かけるのでそのガソリン代も払い、事故をすれば自分で全て払いました。
大金を持っているということが、私にはそれだけ実力があるような、そんな自信をつけさせました。

 

今は貯金も減り、私も落ち着いたため、不必要に買い物をすることはありません。そんなことをしなくても、日々支払わなければならない料金というものがあり、それは生きていくうえで欠かせないと知ったからです。

 

散々買い物をして、得たものは虚しさでした。遊びも必要、でもそれ以上に、生活と家族へのお金が必要。
必要な支払いは必ずやってきます。だから今、日常でお金を使うことはありません。
使わなくとも、日々は充足する。
お金を使って学んだことは、貯めることこそ幸せなのだ、ということです。

 

なので、必要なもの以外、私は本当に買いません。

 

お金についての現状は、貯めることについてはぴか一なのですが、正直収入が少なすぎます。
今でも本当に気づまりなことがあれば、本を一冊買うこともあるのですが、活字しか読まないのであれば、図書館に行けば事足ります。
娯楽よりも、やはり必要な分を先取りして、徹底した節約をした方がいいと思っています。
ですが、やっぱり収入を安定させることが先決だなぁと、そう思います。

 

ファイナンシャルアカデミーというスクールでお金の使い方や増やし方を学べるようなので、
ちょっと行ってみようかなと思っています。